モンテカルロスのメモ

日々雑感の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

土屋賢三氏 システムメモ

>秋山さんが仰るような同一のアルゴリズムで、しかも、パラメータが一つか二つで、どの銘柄にも
適用可能なシステムというのは、本当に存在するものでしょうか?

これは存在します。 逆に、秋山氏のこの考えに疑念を抱くということが私には信じられませんが(笑)。 
少し付け加えると、個人投資家の方の間で信じられている「パターン認識によるシステムトレード」においては、
「同一のアルゴリズムで、しかも、パラメータが一つか二つで、どの銘柄にも適用可能なシステム」を作成するのは
至難の業でしょう。 私はそれができるとは思いませんし、作成しようという気もおきません。 
ですが、ファクターモデルを用いたシステムであれば、こういったものはたいした造作もなく作成することができるでしょう。 
既に多くの「同一のアルゴリズムで、しかも、パラメータが一つか二つで、どの銘柄にも適用可能なトレードシステム」が
世の中には存在しています。

もし、それが難しいとお感じになるのであれば、私からできるアドバイスとしては、トレードシステムを
作成する際に、階層構造(この場合、decision treeと言い換えてもいいと思います)を工夫してみるといいと思います。
 一般に階層構造はシステムの全体像を把握しやすくし、それを堅牢かつシンプルにします。 

「トレードシステム」を考えるときには、「トレードルール」を研究するのも大切ですが、
一般的な「システム工学」の初歩を学んでから取り組まれた方が、はるかに近道だと思います。 
なにも難しいことをする必要はありません。 初心者向けの入門書を2.3冊読むだけで十分なのです。
システム工学的な考え方、アプローチでもってマーケットの動きやアノマリーを考察、検証されることを強くお勧めいたします。

ほとんどの「システムトレーダー」の方は「システムトレード本」を読んでシステムトレードを行おうとします。
 それはそれで入り口としてはよろしいかと思いますが、現実には大多数の「システムトレード本」は、
システム工学的な観点から見ると、極めて違和感のある、珍妙な記述でいっぱいなのです。 
そこに書いてあるのは、トレードシステムなどと呼べるものではなくて、単なるアノマリーやトレードルール、
ツールの使い方等に過ぎません。 それらはトレードシステムを構成する一部の要素ではありますが、
もちろん全てではありえません。 従って、システムトレードを行うのであれば、「システムトレード本」は適当なのを2.3
も読めば十分で、あとは「システム工学」と「確率・統計」の学習に時間を割くべきなのです。

スポンサーサイト
  1. 2008/10/23(木) 01:40:21|
  2. 相場メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋山昇氏 システムメモ

秋山さんの考えている、良いシステムの条件について:

1.パラメータが少ないこと。パラメータは一つか多くても二つが望ましい。パラメータが多いと、簡単にカーブフェィッティングできてしまう。 3パラメータだけでもかなりのカーブフィッティングになってしまう。
2.パラメータ変動に対して安定性があること。最適パラメータから少々ずれても損益が大きくぶれないことが重要。
3.同じアルゴリズムで多くの銘柄に適用可能であること。一つの銘柄だけにしか通用しないシステムは、銘柄の性質の変化に対して脆弱かもしれない。
4.トレンドフォローであること。逆張りシステムは未曾有の変動が起きた時に破綻する。逆張りも色々と検討してみたが、やはりどのように巧妙に大損回避の仕組みを作っても、何年かに一度の大幅なドローダウンは避けられない。結果的に順張り有利と考えられる。
5.利益の源泉が明らかであること。言い換えると、システムに意味があること。相場のどのような動きを取ることで利益を出すのか、明確に簡潔に説明可能でなければならない。 RSIだのRCIだのADXだの移動平均だのをごちゃごちゃと組み合わせて検証してみても、所詮は手法によるカーブフィッティングに過ぎない。
6.移動平均よりもEMAをベースとすること。過去の値動きほど現在に対する影響が少ないというのは当然であるので、移動平均よりもEMAの方が性能が良いというのも当然である。
7.値幅よりも変動率を基準とすること。値段が上がれば変動も大きくなり、値段が下がれば変動も小さくなるので、固定値幅で考えていては値位置によって効果が異なってしまう。
8.仕切り判断に建値を介在させないこと。現在の建ち玉の建値がいくらであろうと、その玉の有利不利は変わらない。建値は個人的な話であり、仕切りの基準は純粋に相場のデータを基に行うべき。
9.手数料を多めに仮定しても利益が出ること。個人的には、往復4000円程度を仮定してテストしている。
10.ドローダウンが少なく、損益曲線が右肩上がりの直線に近いこと。
  1. 2008/10/23(木) 01:21:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。